å¤ąį¤ŧぎãĒいį˛—䞛養ぎ選ãŗ斚とぎしぎ書き斚

供養 į˛— 供養 į˛—

äŧšį¤žåã§å‡ēされãĻいる分はčŋ”されるåŋ…čĻã¯ãĒいと思いぞすが、上司や同僚は個äēēでéĻ™å…¸ã‚’å‡ēされãĻいる場合がãģとんおãĒぎで、個äēēæ¯Žã€ã‚ã‚‹ã„ã¯é‡‘éĄãŒæ•°į™žå††ãŽå ´åˆã¯ã€čˇå ´ã§åˆ†ã‘ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚‚ãŽã‚’æ¸Ąã•ã‚ŒãŸã‚‰ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ éĻ™å…¸čŋ”しとは一čˆŦįš„ãĢ、ãƒģãĢおいãĻ、éĻ™å…¸ã€ã€ãĒおを頂いた場合、åŋŒæ˜Žã‘とãĒるīŧˆåœ°åŸŸãĢよãŖãĻはīŧ‰åžŒãĢおčŋ”しをすることをいいぞす。 こぎ「į˛—䞛養」という単čĒžãŽč§Ŗ釈ãĢついãĻはいろいろありぞす。

18

å¤ąį¤ŧぎãĒいį˛—䞛養ぎ選ãŗ斚とぎしぎ書き斚

供養 į˛— 供養 į˛—

ãžãŸã€æąæ—ĨæœŦぎ場合では「åŋ—」がäŊŋわれぞす。 äŧšč‘ŦåžĄį¤ŧとしãĻぎį˛—䞛養とéĻ™å…¸čŋ”しは、åŸēæœŦįš„ãĢはåˆĨ個ぎもぎです。

10

į˛—䞛養ぎ選ãŗ斚と選んではいけãĒい品į‰ŠãĢついãĻ

供養 į˛— 供養 į˛—

į˛—䞛養ぎぎしį´™ã¯ãŠã‚Œã‚’äŊŋうīŧŸ 原際ãĢį˛—䞛養をį”¨æ„ã™ã‚‹ã¨ããĢ、おぎぎしをäŊŋえばよいでしょうか。

2

éĻ™å…¸čŋ”しとį˛—䞛養はäŊ•ãŒé•ã†īŧŸãŽã—ぎ書き斚やマナãƒŧãĢついãĻåŋƒåž—よう

供養 į˛— 供養 į˛—

äŧšį¤žã‹ã‚‰é€ã‚‰ã‚ŒãŸåŧ”é›ģã‚„ãŠčŠąãĒおは、上司同僚からそれぞれ集めたお金から送られãĻいるとは思いぞす。

į˛—䞛養ãĢぎしはåŋ…čĻīŧŸãŽã—ぎį¨ŽéĄžãƒģ選ãŗæ–šãƒģ書き斚をč§ŖčĒŦīŧãƒžãƒŠãƒŧも

供養 į˛— 供養 į˛—

į˛—äž›é¤Šå“ãŽé‡‘éĄį›¸å ´ į˛—äž›é¤Šå“ãŽé‡‘éĄã¯ã€ã€ŒãŠãŽã‚ˆã†ãĒおčŋ”しぎäģ•æ–šã‚’するか」ãĢよãŖãĻį›¸å ´ãĢ違いがå‡ēãĻきぞす。

8

į˛—䞛養ぎ選ãŗ斚と選んではいけãĒい品į‰ŠãĢついãĻ

供養 į˛— 供養 į˛—

寞しãĻīŧŒã€ŒãŠäž›ãˆã€ã¯åžĄæœŦ尊様ãĢ捧げるį‰Šã§ã™ã€‚

į˛—䞛養とはãĒんですかīŧŸį˛—䞛養ぎ意å‘ŗ

供養 į˛— 供養 į˛—

į§īŧˆãƒãƒ„イチåĨŗ性īŧ‰ã¯ãƒ‘ãƒŧトで勤įļšīŧ•åš´ã§ã™ãŒã€äŧšį¤žã‚’äŧ‘ã‚€ãĢあたãŖãĻ通夜とč‘Ŧå„€ãŽæƒ…å ąã‚’äŧšį¤žãĢīŧĻīŧĄīŧ¸ã•ã›ãĻいただきぞした。 品į‰Šã‚’送äģ˜ã—ãŸčƒ¸â€ĸ ぞたéĻ™å…¸čŋ”しを「åŗæ—Ĩčŋ”ã—ã€ã§čĄŒãŖた場合でも、いただいたでも同様ãĢãĢéĻ™å…¸čŋ”ã—ã‚’čĄŒã„ãžã™ã€‚ おãĒたか、čŠŗしい斚ã‚ĸãƒ‰ãƒã‚¤ã‚šã‚’ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚

19