【wrwrd!】*BL短編集*

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

栗毛色で少し伸びた毛を後ろに縛っており、澄んだ緑の瞳が少し長めの睫毛から見え隠れする。

14

ちゃっかり生まれた恋心【○○の主役は我々だ!】

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

ゾムの見つめる視線には、まるでショーウィンドウに飾られた玩具を欲しがる子供のような、物干しそうな熱が籠もっているように感じた。 ひとまず先に止めなきゃね。 理由はなく、暇だったからとりあえず来た感じや。

12

ロボロ受け短編集

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

それでも彼の中には悪行自体を止めるという選択肢は無いのだろうが… 近い未来、また同じような珍事件に頭を悩ませる己の姿が思い浮かび、トントンは溜息を吐いた。 一方、碌(ろく)な説明もないまま押し出された二人は、何が何だか分からないといった感じだったが、そこは軍人、さっさと思考を切り替えると互いに向き合った。 更新情報• そんな視線にもゾムは一切動じる事なく、ひたすらエーミールとショッピを見ている。

【Wrwrd!】誘拐されました。助けて【軍パロ】

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

ロボロ「…これで、ええか?」 ゾム「…」 話しかけても反応はなく只赤い顔で口を半開きにしている。

5

ちゃっかり生まれた恋心【○○の主役は我々だ!】

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

呼ばれたエーミールとショッピは首を傾げながらも手招きしたDr.クラレの元へと歩いてくる。

9

【Wrwrd!】誘拐されました。助けて【軍パロ】

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

少しばかりゾム君に協力して貰ったんですよ」 「ほんまココで試すのは止めてくれませんかねぇ… 毎度毎度巻き込まれるワイ達の事も少しは考えて欲しいわ」 「まぁ、たまにその悪行に喜々として参加する何処ぞの総統サマも人の事を言えないんですがねぇ?」と言葉を続けたトントンは隣のグルッペンに冷たい視線を送る。 もう慣れたもんや。

14

【wrwrd!】*BL短編集*

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

もはや貯金は雀の涙。 それが、どういう感情なのかに気づくのは、まだ先のお話や。 | | |武器を買いすぎたら金が尽きました。

19

【w.r.w.r.d】どうしたんや、ゾ.ム…

受け ゾム 小説 受け ゾム 小説

連れて帰ろ」 『…は、』 えー…こちら何でも屋です。