オランザピン錠の効果と副作用

Od オランザピン Od オランザピン

他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。 シプロフロキサシン塩酸塩 本剤の血漿中濃度を増加させる可能性がある。

19

医療用医薬品 : オランザピン (オランザピンOD錠2.5mg「杏林」 他)

Od オランザピン Od オランザピン

心筋虚血• これが副作用になってしまいますが、鎮静効果にもなります。 心不全• その一方で、ドパミンに対しての作用はそこまで強くはなく、セロトニン2受容体遮断作用によって錐体外路症状や高プロラクチン血症は軽減されています。 2.双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善の場合:躁症状及びうつ症状が改善した場合には、本剤の投与継続の要否について検討し、本剤を漫然と投与しないよう注意する[双極性障害の維持療法における日本人での本剤の有効性及び安全性は確立していない]。

17

オランザピンOD錠5mg「ヨシトミ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

Od オランザピン Od オランザピン

通常、成人にはオランザピンとして5mgを1日1回経口投与により開始し、その後1日1回10mgに増量する。 ・鎮静作用が強く、症状増悪期に有効性が高い。 非定型抗精神病薬には、大きく3つのタイプが発売されています。

オランザピンOD錠2.5mg「日医工」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

Od オランザピン Od オランザピン

統合失調症• ・高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡: 意識の低下、考えがまとまらない、深く大きい呼吸、手足のふるえ、判断力の低下、激しいのどの渇き、吐き気、嘔吐、吐き気、吐き気、腹痛、下痢、意識がなくなる、口渇(のどがかわく)、多飲、多尿、体重減少などがみられ、これらの症状が急に出現したり、持続したりする。 高齢者は一般的に生理機能が低下しており、また、本剤のクリアランスを低下させる要因であるので、慎重に投与すること。

13

オランザピンOD錠2.5mg「日医工」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

Od オランザピン Od オランザピン

相互作用 中枢神経抑制剤 バルビツール酸誘導体等 中枢神経抑制作用があるので、減量するなど注意すること。 薬を飲んですぐに眠気がくる方は就寝前がよいでしょう。

「ザイディス錠とOD錠の違い」と「オランザピンOD錠の甘味」について

Od オランザピン Od オランザピン

専門用語も出てきますが、後ほど詳しく説明していますので、わからないところは読み飛ばしてください。 統合失調症の患者さんでは、幻覚や妄想に振り回されて、自分が病気だと認識できないことがあります。