神奈川県情報サービス産業健康保険組合完全攻略

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

『正規雇用へ研修講座 神情協IT向け8月から募集』-神奈川新聞 2009年7月10日• 『「夢のある絵」表彰』-神奈川新聞 2010年3月7日• 1現在) 総従業員数 49,015名 うち県内24,311名 一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会(英文名称:Kanagawa Information services industry Association, 英文略称: KIA)は、略称を 神情協(しんじょうきょう)といい、62年にの認可によって設立された業界団体である。 最大のイベント「技術セミナー」は、経営者・管理者・技術者向けに最新の技術動向などテーマに外部から講師を招き開催している。 産学連携委員会 [ ] リクルート活動、インターンシップなど、産と学の出会いと親交をプロデュースしている。

神奈川県情報サービス産業協会

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

この講座は、一部大学を除き、神情協が費用負担する寄付講座で、2012年には12大学に広がっている。 『情報社会の夢絵コンテスト』-神奈川新聞 2011年3月6日• 15年に渡って協会が主催してきたが、有志が主宰する「特定非営利活動法人こどもネットミュージアム」がこの事業を継承している。

神奈川県情報サービス産業協会

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

情報化の基盤整備、情報関連技術の開発促進等を行うとともに、変革を求められるビジネスモデルへの会員各社の対応を支援することにより、神奈川県内の情報サービス産業の健全な発展及び情報関連技術の水準の向上を図り、もって地域経済の発展及び公共福祉の増進に寄与することを目的に活動している。 寄贈先は2013年で8校になる。 『エコールかわさき ものづくり担うIT技術者養成』-神奈川新聞 2008年4月15日• 川崎市交流委員会 [ ] 会員企業と川崎市や市内関連諸団体との橋渡しを目的とした委員会。

1

神奈川県情報サービス産業協会

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

『IT就業へ若者支援 横浜で開講式』-神奈川新聞 2009年12月2日 出典 [ ]• 『変化の時代を先取り SE養成へ特別講座』- 2004年12月20日• 横浜市交流委員会 [ ] 明るく楽しく真剣に!をモットーに横浜市と二人三脚で、市内を活動の中心とし広報活動や合同事業等を行い、地域経済とのコラボレーションを通じて新たなIT産業の創造を目指すアーバン且つユニークな委員会。

7

神奈川県情報サービス産業健康保険組合完全攻略

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

『情報社会の「夢」描くコンテスト表彰式』-神奈川新聞 2011年3月6日• 毎秋にはその時々のテーマと横浜を融合させた「横浜ITフォーラム」を開催、また活動範囲は横浜市内に留まらず、横浜の持つネームバリューを活かして他県の情報産業協会との交流活動を活発に行い、協会本体へのフィードバックも欠かさぬよう年間を通じて活発な活動を行っている。 情報サービス産業を正しく知っていただくとともに、神情協発刊の「SEハンドブック」を教材に、第一線の技術者や経営者が、生の話を講義することで、学生にはまたとない社会教育となっている。 。

7

健康保険組合の電子申請対応状況について(令和3年2月2日更新)|あすらん社会保険労務士法人|あすらん株式会社

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

教育研修委員会 [ ] 会員企業の人材育成の支援を目的に、ソフトウェア開発や、システム構築及びシステムの利用等に携わる技術動向の変化に対応できるような人材の育成支援を目指し、教育研修の企画・推進を行っている。 令和2年11月より下記の手続きについては対応可能とのことです。 一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会 Kanagawa Information services industry Association 略称 KIA・神情協 団体種類 設立 1987年4月1日 所在地 〒221-0835 3-30-5 タクエー横浜西口ビル7A 主要人物 会長 常山 勝彦 年間予算 1億3,283万円 うち会費収入6,909万円 (24年度) 会員数 正会員 264社 賛助会員 44社 合計 308社(2012. 特別支援学校への和太鼓寄贈 [ ] 和太鼓を叩く動作や音が障がい者の情操教育に効果があるといわれることから、和太鼓一式を県内の特別支援学校に毎年寄贈している。

17

神奈川県情報サービス産業健康保険組合完全攻略

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

) 関東ITソフトウェア健康保険組合 令和2年10月26日時点で、詳細は未定とのことです。 [ ] 協会の創設10周年を記念して、神奈川県下の子どもたちに未来社会の夢を絵に描いてもらうことで、想像力豊かに育つことを願って始まった事業である。 沿革 [ ] 1984年(昭和59年) 神奈川県情報処理産業協議会設立 1987年(昭和62年) 社団法人神奈川県情報サービス産業協会発足(会長:伏見 章) 1996年(平成8年) 会長交代(新会長:高村眞司)、組織を部会制に再編 1997年(平成9年) 設立10周年記念式典開催、記念誌を発行 1997年(平成9年) 創立10周年を記念し、県下の子供たちを対象とした「第1回夢絵コンテスト」を開催 2003年(平成15年) 会長交代(新会長:)、組織を委員会制に再編 2004年(平成16年) 大学向けSE講座を開始 2006年(平成18年) 川崎市雇用創造促進事業「エコールIT」開始 2007年(平成19年) 会員数300社突破 2009年(平成21年) 雇用促進事業「エコールITかながわ」「エコールITよこはま」を実施 2011年(平成23年) 新公益法人制度により「一般社団法人」に移行 2013年(平成25年) 会長交代(新会長:常山 勝彦)、新役員体制発足 事務局 [ ] 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル7A 外部リンク [ ]• 今後、拡大を検討していくとのことでございます。

神奈川県情報サービス産業健康保険組合完全攻略

組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報 組合 産業 健康 県 保険 サービス 神奈川 情報

エコールIT [ ] 川崎市産業人材育成協議会と当協会が、厚生労働省の補助事業として、産業技術者育成事業(ソフトウェア技術者学科)として2006年7月から2009年3月まで取り組んでいた雇用促進事業「エコールITかわさき」、および、実施地域を県中央(横浜市内)に拡大し、2009年11月から2011年3月まで「エコールITかながわ」として実施した。 女性活躍委員会 [ ] 女性自身のキャリアアップを支援するとともに、活躍している女性や所属する企業の取り組みの紹介などを通じて企業経営にも有益な情報提供など、女性がIT業界で輝きながら働き続けるための様々な支援活動をおこなっている。

5